日々の日

主にプラモデルの制作録

更新情報

半年で壊れたMacが4日で還ってきた。

購入して半年で急逝したMacBook Airがカムバックを果たした。画面が台風が上陸したかのごとく激しくちらつき出し、データを移す間もなく電源が入らなくなり修理に出していたのである。

土曜日に申し込んで、日曜の午前中にヤマトに引き取ってもらい、ついさっき届いた。

こうして自宅外でブログも書くことができる。喜ばしいことである。ヤキモキすることはあったが無事戻って来た。お帰りなさいついでに顛末を記録として残しておく。

続きを読む

原稿ができあがった。

できたてほやほやである。某市民団体の会報に寄せる原稿を出力した。ちなみに明日発行作業である。これからこれを届けなければならない。

f:id:p-1:20170816145909j:plain

今回は東京から江ノ島まで原付で旅をした顛末である。
毎度のことながら、仕上げるのにやたら時間がかかってしまった。板タブの限界なのか、スムーズなストロークで線が引けず波打ってしまう。不恰好な線を消しゴムで削り、再度ブラシに切り替えて描き直す作業を繰り返した。液タブを買う資力はないので、しばらくは試行錯誤が続きそうである。

 

なんとか日曜を乗り越えた

本日は「プラモ日和」の記事を載せたかったが今回は普通の「日記」である。プラモデルに関しては、週の後半に作業時間を十分確保することができなかったこともあり、目を引くような進展はない。かたじけないが、来週にまとめさせていただくことにした。

ここ一週間は、幾つかの仕事を、同時並行で処理していた。某団体の会報に掲載する原稿、とある作業所の案内リーフレットの作成、飲食店のイベントの告知のポスター。各仕事の隙間の時間は、ぼーっとしたり、体操がてらに坂の下の100円自販機まで散歩に出たりした。持病がある身としてはあまり負荷はかけたくない。

仕事を詰め込みすぎると1週間、2週間のスパンで作業効率が低下するのは、統合失調症持ちの身として把握しているので、先手を打って「緩さ」を仕込んで予定を立てるようにしてはいる。今日は、お盆で親戚が集まるというので、それを見越して、週の後半は巻き気味で仕事を片付けた。

f:id:p-1:20170813223804j:plain

同居している婆さんは、今日1日疲れたようで夕食の時間には横になって休んでいた。起きてもらって一緒に夕食をとった。久しぶりに「日曜もアメトーーク」を観た。ちょっと疲れが癒された。

無事完了!たこの木通信への入稿!

今月もなんとか「たこの木通信」への入稿が間に合いました。「たこの木通信」とは多摩市で障害者支援をしている市民団体「たこの木クラブ」が発行している会報です。

今回は同居している92歳の婆さんとのやりとりです。

f:id:p-1:20170720165009j:plain

実は婆さんには2015 年8月20日発行の334号への掲載にも登場してもらっています。

こちらの方が「今風」なタッチですな。

f:id:p-1:20170720171337j:plain

今回は無駄に力を入れすぎたかも。でも描いている間は幸せでした。

原稿を書いていたら日が暮れていた

どうもママ喪です。さっきまで東京多摩市の障害者支援団体たこの木クラブ発刊の会報『たこの木通信』に寄せる原稿を書いていました。福祉の枠にとらわれない内容で一部100円。ありがたいことに毎月自由に書かせて頂いています。

来週は溜まったタスクの消化で埋まる予想なのでこの週末で原稿の目途はつけておきたいところ。そんななか掲載予定のイラストはある程度かたちにはなりました。

f:id:p-1:20170416021804p:plain

スマホの操作をめぐる、おじいちゃん友達同士のやり取りをほのぼのタッチで描こうとするも、構図を詰めずに見切り発車で描き始めたため、焦点のはっきりしないものになった感は否めず。普段から優先度の低い取り替え可能な予定をあらかじめ入れておくとか、スケジュールの組み方は改善しないとと思ったり。でも、描いている間は比較的幸せでした。