日々の日

イラスト×プラモデル

原稿を書いていたら日が暮れていた

どうもママ喪です。さっきまで東京多摩市の障害者支援団体たこの木クラブ発刊の会報『たこの木通信』に寄せる原稿を書いていました。福祉の枠にとらわれない内容で一部100円。ありがたいことに毎月自由に書かせて頂いています。

来週は溜まったタスクの消化で埋まる予想なのでこの週末で原稿の目途はつけておきたいところ。そんななか掲載予定のイラストはある程度かたちにはなりました。

f:id:p-1:20170416021804p:plain

スマホの操作をめぐる、おじいちゃん友達同士のやり取りをほのぼのタッチで描こうとするも、構図を詰めずに見切り発車で描き始めたため、焦点のはっきりしないものになった感は否めず。普段から優先度の低い取り替え可能な予定をあらかじめ入れておくとか、スケジュールの組み方は改善しないとと思ったり。でも、描いている間は比較的幸せでした。