日々の日

イラスト×プラモデル

接点探し

どうも、ママ喪です。病気の方は、良くなったり、ちょっと悪くなったり、不安感が高まったり、潮が引くようにスーッと楽になったり、ウロウロしながら、それでも幸運なことに少しづつ勢いは衰えて来ています。4年前の今はまだ入院していて、本はおろか時計も読めず、院内のレクリエーションの卓球のじゃんけんで自分と相手のどっちが勝ったのかもわからず、酷く混乱していました。そのことを考えると「よくぞここまで回復したな」と思います。いや、ほんとに。
そんなこんなで、久しぶりなので、近況報告でも。今の状況を簡潔に単刀直入にいうと「ヒマ」です。親戚の店の、キャンペーン告知ポスター、チラシ、リーフレット、ポイントカード、割引券、メニュー表等々印刷物のデザインを任されているのですが、店が傾いてきて仕事の量も減ってきて、時間を持て余している状態です。おかげさまで、illustratorphotoshopの操作は慣れてきたのですが、一般就労はまだ自信がないですね。作業所でグラフィックデザインができるところを探しているのですが、見つからず。今は駅前の喫茶店に行ったりはしてはいるのですが、対人接触は少なく引きこもりみたいな生活を送っています。
もう、31歳で人生の方向性を決めなければならないのですが、社会にはいっていくことに対する漠然とした不安感が抜けきれないでいます。病気が復活することにたいする怖れもあるのですが、それだけではなく、統合失調症以前に私自身の元々の発達障害的な傾向で、対人コミュニケーションが不得手という特質が邪魔になっています。人と人の間に入り調整したり、組織の中をわたっていく能力が要求される「仕事」において、不利でストレスフルな役回りを演じる羽目になるという予感が社会に出ることを阻んでいるの部分もあります。
最近では「仕事」ではなく「作業」でも良いのかな、作業所で内職的な作業をみんなでやって、工賃は少ないけれども、障害年金とで暮らすのも悪くはない、そんな思いも出てきました。社会とどこで繋がるか。その場所探しを今している状況です。
最近はそんな感じで。

広告を非表示にする