日々の日

主にプラモデルの制作録

強迫観念とどう付き合っていくか

 どうも、ママ喪です。本日は通院日でした。ということで今年初めての病院日記のお時間です。
 ここ最近は調子も回復傾向にあったのですが、年始から見事に体調を崩してしまいました。というのも、1月11日までに書き上げないといけない原稿があって、1月3日までには書き終えたのですが、その過程で根をつめすぎたせいか、睡眠不足がたたり、本を読んだり、テレビを観たりがしづらくなってしまいまして、不安が不安を呼び体調が悪化するという悪循環に陥ってしまったのです。整理して言えば「再発したのでは/するのでは」という不安や心配がストレスとなり、そのストレス自体が病状を「悪化させる/させるのではないか」という、負の思考スパイラルに陥ったということです。
 私は15歳の時にパニック障害を発症していて、それ以降、上記のような強迫観念にとりつかれる傾向があって、今日の診察では、背中から胸にかけて引っかかるような不安感が強く、どう対策をとるか、主治医とも突っ込んだやり取りをしました。結局、抗不安薬の増量は依存性があるためよろしくないとのことで、サインバルタという抗鬱薬を導入することになりました(私の方からは、統合失調症になるまえまで服用していたパキシルを推したのですが、こちらは陽性症状に影響が出るかもしれないので好ましくないとのこと)。というわけで、2週間後の診察日まで様子をみてみます。今日の記事は短いですがこのへんで。