日々の日

主にプラモデルの制作録

[思ったこと]気持ちとか感想とか

昔から感想文を書くのが苦手でした。遠足で動物園とかにいっても、僕の感想文は「ぞうが、おおきかったです。きりんは首がながかったです。」とかで終わりになってしまいます。でも隣の席の女の子とかは、「先生もう一枚書いていいですか」とかいって、「楽しかった」「うれしかった」「もふもふした気持ちになった」とかを原稿用紙何枚も書いていました。僕はどうやら、感じ取るということが苦手な少年だったようです。それは今でも変わりません。「嫌なこと」をやっていても、それが「嫌なこと」だとはなかな分からずに、寝込んだり頭が痛くなったりして初めて「嫌なこと」だったんだと気づくことが多いです。
こんなんだからもてないんだよなぁ。