日々の日

イラスト×プラモデル

社会福祉士の実習、残りあと3日

 重症心身障害児施設での実習も、終盤。毎日書かなければならない「実習日誌」のネタもも尽きてきた。
 金曜、日曜の介護のバイトが、今頃になって、欝のからだにボディブローのように利いてくる。
 障害者との関係で疲れはしない。おむつ交換なんぞ慣れたものである。だけれど、職員に気を使いすぎて疲れる。
 引きつった動きをする僕を見て、「p-1さん、動き面白いですね」パートのおばちゃんは言う。そんなことを言われると余計にキョドルだろうが。このやろう。
 僕は上体を小刻みに前後に揺らしながら、「よく言われるんですよ」と笑顔で対応。意味がわからん。
 家に帰ると、疲れがどっと出る。爽快感というより、まさに「疲れたという」感じ。
 なぜ実習なんぞしているのだろう。
僕は別に社会福祉士の資格なんぞほしいいとは思っていない。ただ、精神保健福祉士の資格はちょっと欲しい。
 欝持ちの精神保健福祉士がいても、いいですよね。