日々の日

主にプラモデルの制作録

旧友との再会

 久しぶりに地元に帰った。4月に就職する友人の祝いの会。彼とは小学生からの付き合いで、幼いころは一緒によく遊んだものである。彼と僕はクラスのなかではいじめられっこだったが、彼は彼女もできたり充実した学生生活を送ったらしい。げんしけんでいうならば彼は笹原で僕は斑目ということか。行動した者としなかった者の差異。
 高いコミュニケーションスキルを持つ者とそうでない者との差は、大きい。特に就職と恋愛になると。そう思う。
 彼は演劇サークルに入っていた。演劇は文化系のなかの体育会系などといわれる通り、高い協調性や社会性が要求される。チームプレーだからね。
 学者になるなら、勉強だけすればいいのだろうけれど、世の中で生きていくにはそれではまずい。
 僕は1年の時に草野球サークルに入っていた。他大学の人もいて面白かったし、世界が広がる感じかした。けれどヘルパーのバイトの方が忙しくなり半年で辞めてしまった。
 福祉の仕事は社交性のある人が多いイメージがあるかもしれないが、実はそうでもない。少なくとも僕のやっている障害者のホームヘルプでは。一人で障害者の家に行き、指示を受けて家事をする。同僚と会うことはないし、障害者との閉じた関係で終結する。
 もし草野球を続けていれば、少し違う学生生活を送っていたかもしれない。
 そんなことを今日思った。

広告を非表示にする