日々の日

主にプラモデルの制作録

幸せな日常

以下チラシの裏
 今日は、久しぶりに早起きをした。6時ごろ目が覚め、再び寝た。起きたのは15時。日が傾いていた。それから、ばあさんが作った朝ごはん?を食って、今に至る。

 最近、ネトラジをよく聴く。ライブドアのサーバーでやっている素人のラジオ。
 僕は、根がスケベなのか、あるいは変態なのか、よく分からんが、女子高生とか女子大生という言葉に弱い。ついつい女子高生DJの放送を聴いてしまう。
 一種の記号なのか、そういうキーワードから、つまらなかった学生時代を思い出す。今になって、高校時代、もっと同級生と絡んでいればよかったと、後悔をする。
 僕は、高校時代、クラスの人と会話をした覚えが無い。休み時間は小説を読むか、寝たふりをするか、英単語を覚えるか、そんなことをしていた。
 大学生になっても、あまり変わっちゃいない。いや、多少は改善したが。「おはよ〜」「ア、ドウモ」。「おつかれ〜」「ア、オツカレサマデス」。挨拶と業務連絡ぐらいはします。
 でも、実存する女子よりも、メディアの向こう側にいる女子のほうが限りなくリアルである。少なくとも僕にとっては。エロゲに萌えはしないけど。
 内面を知りたいという思いは、強いのだけれど、そこまで持っていく、チカラが僕には無い。
 一方で、女性を勝手に神聖視してきた僕には、婦女子的な生々しさには、同属嫌悪を覚える。
 だから、僕は、カワイイ子がいないかと、ネトラジに耳をすます。結論俺キモイ。

以下個人的なレビュー(タイトルとかは間違っています。たぶん。)

○喪女のラジオ
 毎日やっていた。正直萌えない。でも聴いてしまう。

○ちょっと女子高生がだべりますよ
 か細い声。低いテンションだが、それが心地いい。寝る前に聴くと、安眠できる。この前、ガンプラ製作実況をしていて、幸せな気持ちになった。(個人的に)。

○犬の声
 時々聴きます。大学生の方です。

○クオリティ高めたいからネトラジする
 物まねがうまい。

広告を非表示にする