日々の日

イラスト×プラモデル

区切り

 「僕のような不器用な人間が社会で生きていくためには、特殊な資格や技能を身につける必要がある。」
 特に目標もなく文系の学部に進んで、図らずも社会福祉関係に進振りで進み、ヘルパーという人と関わる仕事もしてきて、そのことを強く感じるようになったわけですよ。まあ、そんで、医学部とか薬学部出れば人生安泰だろみたいな、あまい目論見のもと、仮面浪人の真似事をしてきました。
しかし、そろそろタイムリミットを迎えようとしています。
今、学部2年。
夢を見るのもいいけれど、そろそろ就職のことも考えなければなりません。
そこで一つ区切りを設けることにしました。

5月の河合の全統模試7科目総合で8割とれなかったら、仮面やめようと思います。

広告を非表示にする